This Category : 火曜アニメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

ONE OUTS-ワンナウツ- #4

リカオンズを負けさせようとするオーナーの思惑をものともせず、トーアは自分の実力と手八丁口八丁でチームメイトも相手チームも手玉に取って試合を支配し始めました。


うーん、「カイジ」「アカギ」で培った手法をあっちこっちに乱用しすぎて効果がどんどん薄くなってるような印象があります。金儲け主義のオーナーがチームの負けを望むのは意外でもなんでもないのに側近が大げさに驚いたり、せっかくの演出が空回る場面が目立ちました。皆がバストアップで驚いているだけって、全くの知能戦ならありだけどスポーツだとどうも間が持たないですね。

トーアが口先でチームメイトに発破をかけて彼らに本気を出させたり、相手チームのピッチャーに「クセ」を作るところは普通に面白かったです。自己中心的ではあるけどチームプレイをないがしろにしているわけではない、というところが見れただけでも好感触。プロがあの程度の揺さぶりで攻略できちゃう世界なんだなー、と思えば特に引っかかることもなく楽しく試聴できました。あの世界のプロ野球選手は、真面目に練習してきたからこそ「マリーシア(サッカーにおけるずるがしこいプレイのこと)」に対応できないサッカー部員のように純粋ですね。
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 火曜アニメ |

ONE OUTS-ワンナウツ- #3

児島さん、捨て身のデッドボールで勝利をもぎとりトーアをチームにスカウトする。ワンナウツ五百万、1失点-5千万というとんでもない条件をオーナーに取り付けたトーアは危なげなくアウトを連発し、鮮烈なデビューを果たしました。

メンタル弱いメンタル弱い言ってごめんね児島さん。余計なプライドを捨ててデッドボールを受けに行き、トーアを口説き落とした児島さんが素直にかっこよかったです。彼がただ記録がすごいだけではなく不器用なほどの人格者だからこそ、ファンもチームメイトもついていくんだなあ。大事な手首を傷めた原因が薪割りだということを差し引いても十分素敵でした。児島さんみたいな人が指導者に転身したらすごいチームが出来そうだ。


しかしトーアがすごいんだ、という周囲の反応があまりにも大げさすぎて見ているほうはちょっとしらけてしまうというか、もっと客観的にトーアが優れている描写を見せて欲しいなと思いました。それは今後見ていけば分かるようになるのかな。あとトーアはそれこそ自分の身体だけが資本なのにアップしないで1試合投げ切るとか、それは才能や実力以前の問題だよなあ。故障したらもう終わりじゃないですか。水面をすいすい進む白鳥のように実は影ですごい努力してたりするんでしょうか。
Comment : 0
TrackBack : 1
Category : 火曜アニメ |

ONE OUT-ワンナウツ #2

まだ私が中学生の頃の話ですが、暇だったので漫画でよくあるような「無心」をいっちょやってみようとしたことがあります。勿論正しいやり方など知らないのでひたすら何も考えないよう心がけてはみたのですが、逆に頭の中が「無心無心無心。何も考えない考えてない考えちゃいけない…」という自己暗示で一杯になって結局無心になれませんでした。そんな若気の至りを思い出した2話。


トーアに負けたことにショックを受けた児島さんが山にこもって薪割りで延々精神修行。自分の弱さを知って強くなったので大丈夫!と思ってたらあっさり心の間隙を突かれてやっぱり大ピンチに。

ピッチングで勝負するのではなく心理戦で相手を圧倒するという主人公の特徴は面白いんですけど、相手の児島さんがメンタル弱すぎて話になりません。あれじゃトーアがすごいのではなく児島さんが駄目なだけに見えてしまう(苦笑)。メンタル鍛えることと無心を会得することは違うと思うよ児島さん…しかもその特訓が薪割りなのもわけわかんないし挙句手首傷めてるしでぐだぐだでした。特訓には特訓のプロの指南をちゃんと受けて、しっかり自己管理するのはプロの基本じゃないんでしょうか…だんだん児島さんがアホ可愛く思えてきました。

Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 火曜アニメ | Thema : ONE OUTS | Genre : アニメ・コミック |

ONE OUTS-ワンナウツ- #1(新)

沖縄キャンプで猛特訓に励むエースバッターが、賭け野球「ワンナウツ」で無敗を誇る金髪の男「トーア」と出会う。それが全ての始まりだった。

日テレ熱血アニメ三部作だそうです。「カイジ」「アカギ」を熱血にカテゴライズすることにちょっとためらいを感じますが、ナレーションといい萩原聖人起用といい確かに前二作のフォーマットを踏襲しているみたいですね。甲斐谷さんの絵柄はアニメになると結構インパクトあります。

まだプロローグの途中といった感じなので感想は特にないです。この画が崩れるのは嫌だなあ、と思ったくらい。
Comment : 0
TrackBack : 2
Category : 火曜アニメ |

RD 潜脳調査室 #25

環境分子は次第に地球の環境に深刻な影響をもたらしはじめる。波留はメタルに同化した久島が得た答えを受け取るため、メタルに接続しながら生身で海底に赴く。


とにかくミナモの心理描写が素晴らしかったです。
ハルさんに敬語を使うようになったり、家事をこなしたり、今までほどはしゃがなくなったり、涙をこらえるようになったりと、少女から女性になりつつある過渡期の美しさが感慨深かったです。今までは「ハルさん大好き!」とじゃれていただけの女の子だったのに、ランチのシーンでは立派に男と女の雰囲気だったのがドキドキしたなあ。本当はハルさんに行って欲しくない、けどハルさんの決意が固いのも分かるから止められない、と結局もどかしい言い回ししか出来ない女心が切ない。ハルさんも罪な男だ…。

考えてみるとアニメや漫画での少年少女の成長ってあくまでも子供の範囲内での「未成熟な子供→成熟した子供」といった横滑りの成長が主で、こういう子供から大人へ一歩踏み出すような成長ってあまり描かれないですよね。そういう意味でもすごく新鮮なお話でした。


一方ミナモを袖にして海底の久島に会いに行くという、場合によってはロリより男の親友を選んだと取れないこともないハルさんの今後も心配です。どんだけ鍛えても肉体年齢の限界には勝てないし、肉体的にも精神的にも二度と戻ってこれないかもしれないですよね…。誰もいない、私物も引き払ってあった事務所に不吉な予感をかきたてられました。今こそミナモのアンラッキーをハッピーに変える力を!
Comment : 0
TrackBack : 0

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。