This Archive : 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

鉄のラインバレル #2

美少女とロボットと人ならざる力を手に入れて調子にのった主人公、ますます調子に乗る!というわけで正義は俺なので逆らう奴は全員悪ですといわんばかりに加藤機関もJUDAもぶっ飛ばしてました。

ルルーシュ(違)の言う「正義の味方も楽じゃない」という台詞が全てを象徴しているような話でしたね。コンビナートが戦場なので被害を拡大させないために消極的に戦わざるを得ないJUDAと、そんなの関係ねえとばかりに暴れ捲る沢渡たち、そして自分がやれば何でも正義だといわんばかりに力をふるう浩一の三つ巴が面白かったです。もう、誰かこいつどうにかしてくれよ…(苦笑)。正義とは結果を見て世論が決めるものだと知っているJUDAの不器用な戦い方と、自分が正義なんだから手段も結果も正しいに決まっていると思い込む浩一が特に対照的でした。

力を手に入れてもなかなか周囲に認知されず、見せびらかそうとするたび微妙に滑っている浩一を見るのはちょっと面白かったですね。矢島との関係も気になります。

あとop完成。キャラをざくざく出してざくざく動かして、贅沢な作りだと感じました。最後に大げさに拳を握る浩一にイラッとしたのは私だけなんでしょうか(笑)。
Comment : 0
TrackBack : 3

黒執事 #2

イタリアンマフィアに連れ去られた坊ちゃんを助けにセバスチャン、闘う。悪魔で、執事ですから。

1話とのギャップに驚いた人多いだろうなあ。有能執事と腹黒ぼっちゃんを中心にしたシュールギャグかと思ったら、なんと執事が悪魔のダークギャグだったわけですから。この手の作品は真剣に作れば作るほど笑えてしまうので、頭を使わないで楽しむには申し分ないですね。いい意味でチープなBGMも面白かったです。耽美な「怪物王女」だと思って楽しむといいかもしれません。


セバスチャンの仕草や小野さんの話し方がまた無駄に耽美でよかったです。どS執事にこの芋虫め、とソフトに罵倒されるシーンはどっかの大食い探偵を思い出しました。ディープパイ美味そう。


原作読む前はこの漫画と似たような話だと思ってました

戦う!セバスチャン (4) (Wings comics)
池田 乾

戦う!セバスチャン (4) (Wings comics)
戦う!セバスチャン (5) (Wings comics) 戦う!セバスチャン (3) (Wings comics) 戦う!セバスチャン (6) (Wings comics) 戦う!セバスチャン (Wings comics) 戦う!セバスチャン 7 (7) (WINGS COMICS)
by G-Tools

Comment : 0
TrackBack : 3
Category : 黒執事 | Thema : 黒執事 | Genre : アニメ・コミック |

かんなぎ #1(新)

神木を掘って作った精霊像を寄り代に本物の神様が出てきちゃった!というお話。

全く予備知識を持たないで見たため、OPで芸能界ものだと思ってしまいました。単純にアイドルPVとしてのクオリティが高かったなあ。戸松さんが歌がうまくてびっくりしました。

出てくるキャラクターが主人公と神様と声だけの女の子と、スーパーのおばちゃんしかいないという1話でした。仁とナギのかけあいがテンポがよくて面白いですね。二人の表情も豊かで何度も吹き出してしまいました。突然出て来たナギを見て驚く仁に理解を示したりテレビを見ても割と冷静な驚き方だったりと、こういう人外キャラには珍しく常識人だったのも新鮮でした。魔法少女に感銘受けて頑張る姿も可愛かった。主人公の仁も的確なツッコミと等身大の男の子っぽさが好感持てます。尻がツヤツヤしてて笑った。


Comment : 0
TrackBack : 2
Category : 金曜アニメ | Thema : かんなぎ | Genre : アニメ・コミック |

夜桜四重奏 #2

転入してきたキョンシーちゃんですが、人間にいじめられたトラウマから人である秋名を嫌悪して認めようとしない。彼女に罵倒されて秋名は落ち込むが、その頃街では妖怪達が突然力を暴走させるという事件が続発していた。

覚悟はできていたのに面と向かって責められると返す言葉を持たず落ち込んでしまう秋名と、そんな彼を妖怪である前に幼馴染であるヒメが叱咤するシーンはよかったなあ。彼の能力がどういうものかまだよく分かりませんが、それが「殺している」と表現されたとしても変に否定せず自分を貫く姿勢は少し切なくもありました。単純に「殺す」というものではないのかもしれないけれど、回想の白蛇のグロい状態を見るとあれで「殺してない」と理解するのも無理があるよなあ…

今回の騒動はどうやら獣耳の兄ちゃんの仕業のようですが、彼がどんだけ悪事をはたらこうが毎回OPで妹と身体をくっつけあってひたすらいちゃいちゃしているのを目の当たりにしているので全然怖くないんだぜ(笑)
Comment : 0
TrackBack : 2
Category : 木曜アニメ |

とらドラ! #2

大河と竜児の奇妙な協力関係がスタートするが、案の定二人の仲をクラスの皆に誤解され面白半分に冷やかされる羽目に。

いや、単純に面白かったのですけどこれを2話でやってしまうことに違和感あるなあ。これ下手したら最終回でもいいくらいの内容ですよね。見た目で誤解されてきた男女が同士を見つけて互いに勇気をもらい、誤解を自分で打ち破ったり結局一部は解消されなかったりしてまた一日が過ぎていく…みたいな。一度この話でケリをつけて、来週から仕切りなおしということなのかな。

誤解しないでほしいと思いながら空回ってばかりの大河の癇癪は上手かったなあ。電柱は気の毒でしたが。北村も何か腹に一物あるんでしょうか?誤解ないようきっぱりはっきり「北村が好き」と言った大河にあの切り返し、計算でないとしたらそれはもう鈍感というレベルじゃないですよね…

あと、インコ自重(笑)
Comment : 0
TrackBack : 8
Category : とらドラ! | Thema : とらドラ! | Genre : アニメ・コミック |

魍魎の匣 #1(新)

魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC)
志水 アキ

魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC)
魍魎の匣 (2) (怪COMIC) 巷説百物語 1 (1) (SPコミックス) コミック怪 vol.2 (2) コミック怪 Vol.03 妖怪変化 京極堂トリビュート
by G-Tools

京極夏彦の人気シリーズ二作目にあたる「魍魎の匣」をマッドハウスがアニメ化。謎の美少女加菜子と彼女を崇拝する頼子はお互いを「前世」で「生まれ変わり」だと夢想し、二人だけの世界に浸っていた。しかし幻想的で美しいだけの日々は、唐突に終わりを告げる。


原作は殺人的に長いし、初見者へのとっつきやすさを考えると大幅に改変されているのだろうと思っていたらまさかの原作に忠実なつくりで驚きました。最初の電車で向き合う二人の男のシーンは原作冒頭が浮かんでくるほど印象的だったなあ。そうそうそんな始まりでした。主人公や探偵といったいわゆるメインのキャラクターをほとんど登場させず、二人の少女の危うい関係をひたすら耽美に描ききった1話に感動。喫茶店で背景が花園に変わっていくシーンや、ちょっと身体を動かすと髪が肩から零れ落ちるというフェティッシュな描写などとにかく細かかったです。


以下ネタバレ気味の呟き
Comment : 0
TrackBack : 8
Category : 魍魎の匣 | Thema : 魍魎の匣 | Genre : アニメ・コミック |

ONE OUTS-ワンナウツ- #1(新)

沖縄キャンプで猛特訓に励むエースバッターが、賭け野球「ワンナウツ」で無敗を誇る金髪の男「トーア」と出会う。それが全ての始まりだった。

日テレ熱血アニメ三部作だそうです。「カイジ」「アカギ」を熱血にカテゴライズすることにちょっとためらいを感じますが、ナレーションといい萩原聖人起用といい確かに前二作のフォーマットを踏襲しているみたいですね。甲斐谷さんの絵柄はアニメになると結構インパクトあります。

まだプロローグの途中といった感じなので感想は特にないです。この画が崩れるのは嫌だなあ、と思ったくらい。
Comment : 0
TrackBack : 2
Category : 火曜アニメ |

喰霊 -零- #1(新)

少年エースに連載されている「喰霊」の過去編にあたるオリジナルストーリーだそうです。悪霊が人に害をなす世界で、悪霊を駆逐するために設立された部隊四課の死闘を描く・・・で、いいんだよね?

レベルCの悪霊はバイオハザードのゾンビみたいなもので何とかすれば人間が倒せそうなんですけど、レベルBになるととんでもなく凶悪なものになるんですね。あれは四人パーティで技の連携とかしないと無理だよ…と思っていたら二丁拳銃で普通に突っ込んでいく主人公がシュールでした。バイクのお姉さんのタイヤを利用した戦い方もかっこよかった。適切なチームプレイによって強力なモンスターを倒すという展開は燃えました。BGMがまたいいですね。これからこのチームと悪霊の命をかけた戦いが見れるんだ。わくわく。


と思ったら

まさかの 全 滅 



ぽかーん…



燃え盛る炎の音だけをBGMに真っ黒な背景とスタッフロールが流れていくのをただ呆然と見ていました。2話を見ずにはいられなくさせる構成と演出は見事というしかないんですが、これ本当に次回どうなるの?夢?幻覚?それともこれが最終話で「どうしてこうなってしまったのか?」という話をやっていくの?まんまと2話が待ちきれません。四課のメンバーの惨殺シーンは思い切り規制が入ってたけど、MXやAT-Xだと規制がゆるかったりするのかしら。

追記:MXも規制入りでした
Comment : 0
TrackBack : 4
Category : 月曜アニメ | Thema : 喰霊-零- | Genre : アニメ・コミック |

機動戦士ガンダム00 2nd season #1(新)

国連軍との最終決戦から四年。連邦政府が設立した新たな治安維持部隊「アロウズ」がその強力な軍事力で反政府運動を鎮圧していた。

世界は一応一つになったけどその「統一」を守るため一方的かつ非人道的な治安維持が強いられるようになり、結局世界にまた一つ新たな歪みが生まれてしまいましたよという一期の続編。

四年後の皆さん-CB界隈
変わらないティエリアあたりはまあいいとして、四年経って子供っぽい電波から大人っぽい電波に成長していた刹那が妙に感慨深かったです。オートマトンとの手際のよい闘い方に対して内面はまだ少年兵のまま、という描写は四年という時間があってこそ生まれた彼の新たなキャラ付けですね。サジとの苦い再会もドラマを予感させます。彼が刹那にぶつけた言葉はごくまっとうなものでそれをティエリアが責めるのは何か違うような気がしますが、そんなズレもまたティエリアっぽいなあ。あと男のところに転がり込んでやさぐれているノリエガさんには笑いました。一期からすでに戦術予報士としては駄目だったけど今度は人として駄目になってるよこの人(苦笑)。


四年後の皆さん-連邦界隈
荒熊さんとソーマのほのぼの擬似親子にとんでもなく萌えた…!
しかも実の息子がアロウズの人間としてソーマを迎えに来て、しかもセルゲイとは確執が?この三人の行方が今回一番気になりました。ルイスはなあ…救われてほしいけど、容赦のない結末を迎えそうな気もします。強化人間はどうしても存在自体が死亡フラグになりがちだからなあ…彼女はどうやらリボンズとも繋がっているようだし。そういえばリボンズの服がよりひらひらになってたのもちょっと笑いました。


ロックオンの双子の兄弟?のライルがスカウトされてましたが、あれは身体データとかDNAの都合でガンダムに乗れるのが彼しかいなかったから?彼が「カタロン」の構成員をしている、という設定はうまいですね。これでCBとカタロンの共闘路線が実現するかも。そんなこんなでガンダムマイスターがこれで三人そろうことになりましたが、早速アレルヤがどこかに監禁されてて吹いた。またはぶられてるの?


あとなんかもう一人変態仮面がいたような気がしますが、彼に突っ込んだらまけだと思う。最後になりましたが二期の新MSのデザインにも期待できそうですね。「アロウズ」と「カタロン」の各量産機がかっこよかった。
Comment : 0
TrackBack : 1

とある魔術の禁書目録 #1(新)

超能力者いっぱいの何でもありな学園都市で、超能力には違いないけどあまり役に立たない右手を持った主人公が物干し台に引っかかっていたインデックスなる美少女と出会ったことで、想像もつかない運命に巻き込まれていくみたいです。

JCと川田まみの組み合わせのせいかOPがシャナっぽいですね。曲と映像があっていてワクワクしました。しかしキャラ一杯いるなあ・・・

どうやらかなり詳細な説明を要する世界観らしく、それを一生懸命視聴者に伝えようとするあまり空回っちゃってる印象です。ラノベ原作のアニメってどうしても最初はこんな感じになってしまいますね。まさしく序章といった内容だったので、ちゃんとした感想は2話以降に。

右手が運まで打ち消すのなら、超能力攻撃無効も失敗しそうなものなんですけどそのへんは突っ込んだらいけないのかな…
Comment : 0
TrackBack : 0

ケメコデラックス! #1(新)

三平太の部屋に突撃してきたのは謎の戦闘ロボットとケメコなる謎の物体。しかもケメコは自称嫁で、その中からは昔結婚の約束をした美少女が出てきたよ!

無駄に戦闘シーンのクオリティがすごくて笑いました。炊飯器型ロボットとの格闘動きすぎ。激しく動けば動くほどケメコの不気味さが際立っていき、三平太と同じ「うわあ」という気持ちになっていくという1話でした。中から美少女が出てきてもあんまり嬉しく感じないぜ!(笑)


電波美少女やら幼馴染やら周囲は割とテンプレなので、話は手堅く楽しめそうですね。EDの破壊力もまた凄まじい。

Comment : 0
TrackBack : 1

テイルズ・オブ・ジ・アビス #1(新)

テイルズシリーズの人気作「アビス」のアニメ化。二つの超大国と一つの教団によって辛うじて均衡が保たれている世界で、伯爵家の一人息子ルークが運命の子として生を受ける。


OPいいなあ。やっぱりテイルズシリーズのOPはテンション上がります。EDはまた画のタッチが違って優しい色合いが素敵です。

そして本編

おい、ちょっとお前ここに座れ

とつい説教したくなるような主人公でした。まーでもああいう雑な格好だけど育ちがいいから無神経というのはある意味リアルなキャラ付けなのかもしれませんね。仲間たちとの出逢いで変わっていくんでしょうか。お庭の剣の師匠と親友の会話のシーンがいいなあ。ルークが近寄ってきた時に庭師のおじさんが二人に知らせるためわざと大きな声で声をかけるとか、催眠魔法に師匠と親友と庭師が抵抗してみせるところとか、三人がただものでないというのが伝わってくるいい演出ですね。話の内容もいかにもRPGのプロローグっぽくて今後が楽しみです。


そういえば、モンスターがやけに柔らかくて笑いました。皆なんであんなにあっさりバラされちゃうんだ(笑)
Comment : 0
TrackBack : 6

鉄のラインバレル #1(新)

ヘタレなくせに自分の力と正義を信じてやまない中二病患者の主人公が突然ロボットと美少女を与えられて調子こいて頑張るお話。チャンピオンREDにて連載中。

声優といい製作陣といい、豪華すぎて眩暈がしそうです。原作はそこまでメジャーというわけではないのに、どんな経緯があってこれだけの布陣が整ったんだろう。来週のアリプロのOPが楽しみです。


おい、ちょっとお前ここに座れ PART2


あまりにもあまりなので、思わず笑ってしまいました。これが中二病。ザッツ中二病。とりあえず一番持たせちゃいけない人に刃物持たせちゃったなーというのが第一印象。こんな彼が幼馴染や美少女に罵られたり喝入れられたりしながら、進んだり戻ったりするのを楽しもうと思います。

ロボットアクションは派手派手しいですね。本格的な戦闘を早く見てみたい。突然福山声が聞こえてきた時は思わず爆笑してしまいました。ルルーシュさん今度は何に反逆するんすか?


しかし、ヘタレ主人公が美少女とロボット手に入れてそれを自分の力と勘違いして調子に乗るって、どこかで見たと思ったら「銀色のオリンシス」だ。そういえばキャラデザも同じ人ですね。
Comment : 0
TrackBack : 1

黒執事 #1(新)

ファントムハイヴ家の執事セバスチャンはとっても有能なのです。あくまで執事ですから。

小野さんのセバスチャンが思ったとおりで面白かったです。セバスチャンの有能さを示すシーンがことごとくその有能さよりもどことなく残念なところが際立つ演出が特に笑えました。どうしよう、人参のカツラ剥きが地味にツボった。そしてお料理がちゃんとおいしそうなところもポイント高いです。食べ物がおいしそうなアニメには良作が多いのはジブリからの法則ですから。

このお話は1話だと多分方向性が見えないと思います。私自身一巻の最後の話(アニメでは2話)を読むまで正直「ハズレかな~」と思っていたので、ここで見限らず出来れば2話を見てもらえれば少なくとも話の方向性はつかめると思います。気に入るかどうかは個人の好みですが。なので個人的に数話飛ばして一巻最後の話を2話に持ってくる構成はGJ。

OPはあれで完成なんでしょうか。EDは可愛くて好きです。セバスチャンが延々お仕事してるだけ(笑)
Comment : 0
TrackBack : 3
Category : 黒執事 | Thema : 黒執事 | Genre : アニメ・コミック |

夜桜四重奏 #1(新)

妖怪と人間が共存する街、桜新町の町長と生活相談所の面々が妖怪がらみの事件を解決するお話。

OPの白さに驚いた。肌色がない動画って意外と不気味ですね。紅のスタッフさんとのことですが、確かにぬるぬるした動きとかに特徴出てるかも。いきなりいちゃいちゃしてる獣耳兄妹には吹いた(笑)

原作の1話に説明とキャラ紹介を加えたような感じで、かなり初見者を意識したつくりでした。でもいくつかはちょっとネタバレ気味だよなーとか思ったり。眼鏡のお付きの人の素性とか、主人公の能力とか。BGMが好みです。あとヒメの空中移動もなんだかかっこよかった。
Comment : 0
TrackBack : 14
Category : 木曜アニメ | Thema : 夜桜四重奏 | Genre : アニメ・コミック |

ロザリオとバンパイアCAPU2 #1(新)

最近流行りの分割2クール。妖怪の学校に入学してしまった人間男子高校生・月音のパンチララブコメが帰ってきました。今度はなんと萌香の妹が新入生として学校に!?

よう、パンツ
女の子はパンツを見せなければいけないという校則でもあるかのようなパンツ大盤振る舞いでした。最後の方はもうパンツがパンツに見えないくらいのパンツ。子安こうもりさん隠してくれませんでした。あらすじをざっとおさらいして新展開につなげていくという手堅い構成なので感想は特にないかな。原作では妹が出てきてからは割とシリアスな展開が続いているんですが、アニメではどうするんだろう。

EDのレトロなアイドルダンスはすごかったですね。動きがやたら生々しかったです。ハルヒEDがリアルな動きを早送りしたような感じだとすると、こっちは人間のリアルな機敏さを追求してるのかな。とりあえず水樹さんの新曲かってこよう…

TricksterTrickster
水樹奈々 園田凌士 志倉千代丸

ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング1 NANA CLIPS 4 BLACK DIAMOND(初回限定盤) NANA MIZUKI LIVE FORMULA at SAITAMA SUPER ARENA アニソンマガジン Vol.6(洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)

by G-Tools

Comment : 0
TrackBack : 6

とらドラ! #1(新)

強面のせいで周囲にいつも誤解されている男の子と、ちっちゃくて獰猛なことから「手乗りタイガー」と呼ばれるアル意味見た目通りの女の子がお互いの片思いの相手を知ることがきっかけでつるむようになってしまうラブコメ…でいいのかな。

電撃だから本当に女の子が手乗りタイガーに変身しちゃう話かと思ってたらそんなことはなかったぜ!(笑)。という個人的衝撃はさておき、不器用な男女にそれぞれ片思いの相手がいるというのはラノベというより少女マンガみたいですね。背景がいいなあ。主人公の家の間取りとか逢坂の殺風景なマンションとかが臨場感があって好きです。エントランス素通りでオートロックでもない高級マンションにはちょっと笑ったけど。

ヒロインがラブレターの存在を知られないために主人公を木刀で殺しに行く、と本来ならどん引きする行動なのに、木刀持ちなれてない&ケンカ慣れしてないから木刀振り回す動作もどんくさくて緊張感がないという演出がすごくいいと思いました。主人公も流されではないようで、いいラブコメになりそうです。

あと、インコが引くほどキモくて笑いました。
Comment : 2
TrackBack : 17
Category : とらドラ! | Thema : とらドラ! | Genre : アニメ・コミック |

鉄腕バーディ #13(終)

リュンカに乗っ取られたかに見えた小夜夏を救おうとつとむはその命を投げ出す。それが報われリュンカは小夜夏から去ったが彼女はつとむと過ごした時間の記憶を失うが、つとむはその結果に満足し、再びバーディとともに歩き出す。

あれだけの被害を出し身内も手にかけてしまった彼女が幸せになれるとしたら確かにこのオチしかないので、切ないけど納得。つとむとの恋ははかなかったけど、確かに美しかった…。けれどバーディ始め異星人たちが今回の被害に対して何の責任も負わずにしれっとしてるのはちょっとなあ。あんな簡単にリュンカが外れる&いつでも人体修復できる技術があるのなら、もっと早くその方法取ってればよかったじゃんとか、地球よりずっと文明の進んだ皆さんの捜査手法がアナログすぎたのも拍子抜けしました。

淡い色合いの作画や疾走感あふれるOP、音と動きで魅せるバーディのアクションなど視覚的にはすごく好きだったのにストーリーがどうもちぐはぐな印象だったのが残念。二期めは数々の伏線が解消されたりして、楽しく見れるようになるのかな。スタッフの皆様お疲れ様でした。ありがとうございます。
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 金曜アニメ |

ワールド・デストラクション #13(終)

デストラクト・コードはキリエ自身だった!モルテの願いを聞き入れたキリエはデストラクト・コードとして発動し、世界を砂塵に帰そうとするが…

外部記憶の必要性がよくわからなかったけど、キリエのデストラクト・コード発動のシーンはなかなか迫力ありました。ワシ師&部下が砂になってしまうところも怖かったです。このアニメのゆるRPGに慣れきっていたのでちょっと引いたのはこちらの都合です。

少女の願いが世界を滅ぼそうとし、少女のキスで世界は救われる。いいなあ王道!もう些細なことがどうでもよくなるくらいボーイミーツガールの王道を見せつけられたら満足するしかありません。キスしてもちっとも恋愛ぽくならないのがまたこの二人らしい。モルテは(内面は違ったにせよ表面的には)一人で生きていける強いヒロインだったからなあ。

「世界撲滅の六人」の最後の一人アガンは結局ほとんど本筋に絡むことなかったですね。「六人」という表記いらなかったのでは…

どうせゲーム販促だろうとたかをくくっていたら、意外や意外結構実験的な作品に仕上がっていて面白かったです。ある時はゆる~いRPGネタ、ある時は繊細な心理描写の積み重ねのみの話、など毎回作画や作風が違っていたのも魅力でした。ちょっとした「ワールド・デストラクション アンソロジー」ぽかったなあ。スタッフの皆様お疲れ様でした。ありがとうございます。

Comment : 0
TrackBack : 0

夏目友人帳 #13(終)

夏祭りの日、人間も妖怪も祭りで大騒ぎ。田沼は夏目とまた距離を縮め、夏目はここに来てからの数々の出逢いに感謝しながら花火を見上げるのでした。

田沼視点の番外編とオリジナルで構成された最終回。本当にいいお話でした。田沼と夏目の同じ世界の存在を知りながら共有は難しいという微妙な関係が、田沼のちょっとした歩み寄りによって友人関係の深まりに繋がっていく流れがいいなあ。余計な嘘をつかなくていい人間が一人いるだけで夏目は随分と楽になったんでしょうね。夏目の場合、日常生活が「自分には妖怪なんて見えませんよ。そんなものいませんよ」という嘘をついていないと成り立ちにくい境遇なだけに特に。祭の中でどたばたほのぼのしつつ最後の大入道と並んで見た花火は本当に美しかったです。


今回で秀逸だと感じたのは夏目以外の人たちの描写だと思いました。「人間の姿じゃないと夏目に迷惑がかかるから」と夏目を思いやる子狐、そんな子狐に夏目のことを聞かれてつい「知らない」と答えてしまう名取、子狐の思いを知って協力してくれる柊、そして本当に夏目を大事に思っている藤原夫妻。特に滋さんがいいんです。原作の滋さんはあまり出番がなく、ちょっと得体の知れない印象があったものですからアニメで出番が増えたのは嬉しかったです。つい過保護になってしまう塔子さんも、一歩引いた目線でちゃんと夏目を心配している滋さんも二人とも「父親」と「母親」の役割が板についてきているんだと思うと泣けました。


ニャンコ先生は今回完全にギャグ要員で(笑)
葉っぱふんずけて田沼に突っ込んでいくところは何度見ても笑える。その後の笹田&民子による虐待っぷりも先生の顔が面白すぎて気の毒がるよりついつい噴出してしまいました。子供って残酷なものだよね。子狐は狐の姿でも可愛すぎてどうしようかと思いました。


「バッカーノ!」スタッフということで放送前から抱いていた期待を最後まで裏切ることなく、とても丁寧なつくりの13話でした。美しい季節の移ろいや、しっとりしたBGMなどこの作品の言葉にしづらい空気感のようなものがちゃんと伝わってきて毎週楽しみでした。原作の話ばかりで恐縮ですが、原作は1話1話が読みきりなのでどうしてもぶつ切りになってしまうところをアニメではちゃんと続き物になるように構成されていたのもよかったです。二期も決定で本当に嬉しい。スタッフのみなさま、ありがとうございました。


夏目友人帳 1 【通常盤】
夏目友人帳 1 【通常盤】神谷浩史, 井上和彦, 大森貴弘

アニプレックス 2008-10-22
売り上げランキング : 8577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夏目友人帳 2 あまつき 第5巻〈通常版〉 純情ロマンチカ 通常版6 純情ロマンチカ 通常版5 純情ロマンチカ 通常版4

Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 夏目友人帳 | Thema : 夏目友人帳 | Genre : アニメ・コミック |

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。