This Archive : 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

とらドラ! #25(終)

竜児の目的は駆け落ちではなく、目の前の現実と向き合って皆が幸せになる努力をすることだった。r竜児はそのことをやっちんに伝え、やっちんは両親と和解し、大河もまた皆が幸せになるために母親と向き合う。それはしばしの別れも意味していた。


駆け落ちするまで思いあった男女を一つの部屋で寝かせるとか、お母さんがそんな大らかだからやっちんが早熟だったのでは…(汗)それはともかく、両思いになった二人の誓いのちゅーシーンはこちらのほうがいたたまれませんでした。恥ずかしい、恥ずかしいよー。

色々と心理描写が駆け足だったけれど、大河がいなくなって竜児もクラスの皆も寂しいだけじゃない何かを掴んでそして巣立っていく。そしてそれは竜児と大河にとって始まりでもある…という爽やかなラストは感動的でした。原作の最終巻までのあらすじを踏まえた上でこういうラストにしたんだろうなあ。原作完結とアニメの最終話がほぼ同時期というと「しおんの王」がそうでしたが、原作とアニメの二通りの物語の結末を大きなタイムラグなしで楽しめるのはいいなあ。


大河やみのりんみたいな娘は実際いるよ!という実在のリアルではなく、「こういう部分が確かに自分のどこかに存在している」という意味でのリアルを感じます。だから女子としては後半の展開は正直胃がしくしくしました(苦笑)。自分らしくありたい、自分のルールで生きていきたい。けれどそのままではただ他人を否定して自分の考えを押し付けるだけになってしまう。それでは他人を思いやりながら自分らしく生きるためにはどうしたらいいのか。それを模索し続ける竜児たちの心理描写がとにかく丁寧でした。(後半はちょっと駆け足だったけど)他人に自分をさらけ出して頼ることがまだ怖くてもうしばらく自分のペースで進んでいくことを選んだ亜美ちゃんとみのりんも、若さゆえに突っ走ってぶつかりあって分かり合うことが出来た大河と竜児も青春ですよ青春。スタッフの皆さんお疲れ様でした。
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 22
Category : とらドラ! | Thema : とらドラ! | Genre : アニメ・コミック |

まりあ†ほりっく #12(終)

待ちに待ったプール開き。しかしさすがに神様もこんな変態女に乙女の水着姿を見せたらいけない!と思ったらしく、様々な運命の妨害工作がかな子を襲う!

どんなコメディでも最後の2、3話でシリアスめのお話をやって終わり、という昨今の1クールアニメのパターンを取らず、かな子の妄想や願望が粉砕されていくのを繰り返すだけというこのアニメらしい全く前後の脈絡のない最終回でした。色とりどりの水着や、乙女たちの生々しい素肌の質感がなかなか素敵でした。なんでバタフライが「禁断」なんだろう…


かな子の妄想長台詞と神父の早口モノローグがとにかく台詞回しが上手くて笑うより感動してしまいました。ゆっくりした長台詞というと諏訪部さんが上手いなと思っていましたが、杉田さんは早口の長台詞が凄いですね。

一切同情の余地を許さない変態のかな子とどSまりやの掛け合いが毎回楽しく、シュールな演出も意外と作風に合っていて視覚的にも楽しめました。二期も見てみたいなあ。スタッフの皆様お疲れ様でした

Comment : 0
TrackBack : 5

鉄のラインバレル #24(終)

絵美の死のショックで完全覚醒した浩一とラインバレルは地球上のマキナたちの力を借りて、正義の力で異世界からの侵入者たちに最後の戦いを挑む。

最後はあらゆるヒーローものへのリスペクトを詰め込んだ贅沢というかごった煮な印象すら受けるような最終決戦でした。真面目な熱血漢より少し世をひねた主人公が目立つ昨今、正々堂々と正義を口にして敵に立ち向かう強くて弱い正義の味方というのは心躍るものがありますね。初期のやることなすこと黒歴史な浩一が、強さを得て弱さを知り、資格なんてなくても正義の味方であろうと努力して本物のヒーローになっていく様を見てきた一視聴者としては非常に感慨深かったです。


でも


死んだ絵美も仲間たちもラインバレルが何とかしてくれました

にはびっくりしました(笑)。いやいやいや。そのひと言で済ませないで!ラインバレルが何とかしてくれてもいいけど、一つくらい納得できる理屈が欲しかったです。あと全て終わって燃え尽きようとしたヴァーダント&森次さんを受け止めたのが山下くん、というオチにはつい笑ってしまいました。電波的な幼馴染、想像力フェチの盟友、真剣に不真面目な上司ときて、最後は包容力ある年下の男なのか…最後まで男としかフラグがたたない森次さんなのでした。


原作よりラブコメとお色気要素を多くしたアニメ版はそれはそれで面白かったんですけど、次第にそれらがノルマのようになってきて後半のシリアス展開を阻害してしまっていたのは残念です。オリジナルのシリアス展開を考えるより、いかに毎回お色気とギャグを入れるか考えたほうが楽なんだろうけど…。そんな感じでストーリーはちょっとあれでしたが、ヴァーダントさんが動いて、最低な浩一が毎回罵られるだけでも十分楽しめるアニメでした


スタッフのみなさんお疲れ様でした。
Comment : 0
TrackBack : 0

宇宙をかける少女 #12

「目立ちたい」という自己実現を目指すベンケイとレオパルドが次元の低い争いを続けていたら、まんまとネルヴァルの策にはまってしまい獅子堂本家は攻撃され、高嶺は敵に操られ、コロニーにも冬が来てしまった!しかも秋葉たちが一生懸命レオパルドを助けようようとしたらコロニーの卑怯親切設計によりレオパルド本体はさっさと離脱!

ああ…これからも新しいブレインコロニーが出てくるたびにこの手の子供以下の争いが繰り広げられるかと思うと少し頭痛がしてきました。でも久しぶりのコロニーバトルはやっぱり面白かったです。あのサイズの物体があんな小回りきくわけないと分かっているけど見ていて小気味いい。獅子堂本家は破壊され、実力も経験も秋葉たち以上と思われる高嶺まで敵の手に堕ちてしまい、状況はかなり厳しくなってしまいました。でも秋葉たちはそんな苦境を憂うより自分だけ逃げたレオパルドへの怒りのほうに関心がいっていてどうも緊張感に欠けるなあ。

風音の指示のもと獅子堂家の姉妹たちが役割分担してさくさ動いているのを見て、ここまでハブられればブログ炎上のことがなくてもナミはいずれ造反したんじゃないかと思いました…
Comment : 0
TrackBack : 3

宇宙をかける少女 #11

アレイダに連れ戻されてしまったハコちゃんを取り戻すため、秋葉はようやく自分の使命に対して前向きになる。それと前後して学園と警察で起きた謎の鏡盗難事件はレオパルドに対する挑戦だった。その一方ブログ炎上が原因で塞ぎこんでいたナミはますます孤独感を募らせ、ついにアレイダとネルヴァルの手に堕ちてしまう。

また変なブレインコロニー「ベンケイ」が出てきました。ここでブレインコロニーが精神的に未熟なので自己実現のためにパートナーが必要なのだという事実が発覚。てことは今後出てくるブレインコロニーは漏れなくレオパルドと同じ次元なのか…めんどくさい。いたずらメールでレオパルドを釣り上げるとか、人工知能の無駄遣いにも程があります(笑)


コロニーで生活出来ちゃう未来の世界の子供に言うのもあれですが、ナミの引きこもりの原因がブログ炎上って現代っ子か(笑)。こればかりは風音の対応が完全に裏目に出てしまった結果だなあ…
Comment : 0
TrackBack : 2

夏目友人帳 #11

名取に誘われ祓い人たちの会合に出席することになった夏目。自分と同じ思いをしてきた人たちのため、身の周りに出来た守りたい人たちのために何か自分に出来ることはないかと夏目は模索し始めていた。

会合の怪しさが素敵です。結界でも張ってないとあの楼閣みたいな建物目立ちすぎるだろ(笑)。夏目にぶっとばされて派手に転がった妖が建物の中を逃げ回るシーンは見応えあったなあ。名取の術が発動するところでちゃんと先生を封印しかけていたところにちょっと笑いました。


いつもは夏目のしんみりしたモノローグからしっとりEDに行くはずが、まさかの来週のゲストキャラ&ナタもった妖というスリリングな引きでテンション上がりました。夏目友人帳で燃えるなんて初めて…(どきどき)


名取や田沼、今回の七瀬さんなど夏目が「人」と関わる話が好きです。同じものを見る人だと思って声をかけた田沼は感じるだけで見えない人だった。名取は同じものを見る人だったけど考え方が違った。七瀬さんや他の祓い人たちに至っては夏目の力と先生の存在が強すぎて逆に浮いてしまった。夏目は妖や人と出会って寂しくなくなっていくけど、それでも孤独からは逃れられないんですよね。あんなに同じものを見える人と出会いたいと思っていたのに、その人達の中でさえ力が強すぎるが故に孤立してしまう夏目が切なかったです。それでもどちらからも逃げずに向き合っていくことに決めた夏目はもう孤独になりたいと願いながら寂しがってばかりいた子供ではないんだなあ。
Comment : 0
TrackBack : 2

鋼殻のレギオス #10

廃墟と貸した移動としの探索に向かうレイフォンたち。そこで彼らは謎の生命体の存在を検知する。

え、これは経験も実力もあるレイフォンがコミュニケーションスキルがないばっかりに周囲に誤解されて、ロクに話も聞いてもらえないという物語なのですか?

現段階ではレイフォンの過去もニーナのレイフォンに対する言葉についても、判断するには描写不足である感が否めません。

>必要と思われる前提
武芸者とは気高く、強く、人々を汚染獣から守るために戦う清廉潔白な模範的人物。中でも天剣はすごい。超神聖。
→これだとレイフォンが天剣を汚したとニーナが激怒するのも分かる。

>現在アニメから読み取れる武芸者
強いことは強いんだけど、プライドばかり高くて市民を守る警察の仕事を軽んじたり、すぐに武器振り回して暴力に走る人たち。天剣も強いのは分かるけど志が高いようには見えない。
→これだとニーナの言葉は空虚でしかない。警察の仕事を軽んじる程度のプライドが子供の命よりも大事なのか?という疑問が生じるから。


原作既読者さんの感想などを読むと原作ではちゃんと納得できるようになっているそうなので、あまり言いたくないですけど、アニメだと以上の理由でニーナにもレイフォンにもあまり感情移入出来ないんですよね。

ゴルネオたちとの関係はしばらくこじれそうだけど、少しだけ前向きに前進したのかな。つかシャンテちゃんはもう「そういう娘さん」なんだと割り切るしかないのかな。万が一シャンテがレイフォンを倒してしまったらゴルネオは「自ら手を汚さず女に敵討ちをさせた卑怯者」ってことになってしまうと思うんですけど、そういうことを考え付けない精神構造のお嬢さんなんだろうなと思うことにしました。
Comment : 0
TrackBack : 2
Category : 鋼殻のレギオス |

続・夏目友人帳 #10

先生と八朔を取りにいった先で夏目は何物かにオノを投げつけられる。それから程なくして家の前に描かれた謎の落書き。それを境に家に次々と怪異が起こり始める。

妖怪が出てくるけれど決してホラーではないところが夏目友人帳なのですが、怖い話ももちろんあります。これはそのうちの一つで、実は二期で一番楽しみにしていた話でもあります。そしてこのアニメのスタッフさんたちはそんなファンの過度な期待を裏切らない素敵な人たちだと思います。本当にありがとうございます。


>動画で見るといきなり飛んでくる斧が恐ろしすぎる!(笑)

原画にクセのある作家さんがいるとは聞いていましたが本編のカリメのぬるぬるした動きは予想以上に怖かったです。見ている間「こわっ」を何度呟いたことか。夏目を食うシーンなんて唾液や「もっしゃもっしゃ」という擬音まで追加されてて、ニャンコ先生と一緒になって「食ってるしー!」と漫画みたいな怪しいリアクションをしてしまいました。

なんかもう滋さんの夏目への接し方にいちいち泣けてきます。滋さんのそれは名取や塔子さんが夏目を子供扱いするのとはちょっと違うんですよね。子供だけど、何も分からない子供じゃないことを分かっているというか、男同士としてちゃんと尊重してる。(別に名取や塔子さんが夏目を尊重していないという意味ではなく)。そんな素敵な滋さんとレイコさんの出会いもとても印象的でした。自分を怖がらない滋少年を見て「人間じゃないみたい」というレイコさんが寂しいなあ。当時のレイコさんの「人間」に対する認識がどんなものだったかうかがい知れる台詞ですね。夏目もレイコさんも妖が見えるせいで辛い思いを沢山してきて、レイコさんは人間と親しくなるのを諦め、夏目は諦めずに人と関係を結ぼうとした。レイコさんにだってきっと何度もそういうチャンスはあったと思うんですけどね…うまくいかないものです。


>この話で秀逸だと思ったアニメオリジナルについて。

原作では滋さんと帰宅するときにあった「この喜びをいつか返していけるだろうか…」というモノローグが一番最後に、そして「嘘をつくのか、この人たちに」という台詞も原作と微妙に順番を入れ替えてる。
これすごいと思うんですよね。内容を変えないで視聴者に与える印象だけを変えてる。台詞の順番を入れ替えただけで切なさで終わるエピソードを温かさが残るよう成立させている脚本が素晴らしいなと。

いやあ、でもあの部屋の惨状は凄かったなあ。いきなり部屋中のガラスやなんかが内側から吹っ飛んだわけですから、親切なご近所さんなら通報しているレベル。「プロパンガスで遊んでたら静電気が引火してガス爆発した」が一番合理的な言い訳な気がします(笑)


Comment : 0
TrackBack : 0

明日のよいち! #10

懸賞で当たった温泉旅館で、裏の洞窟の幽霊のせいでお客がこないという話を聞いたよいちといぶきは幽霊退治に向かう。するとそこには…

水着回があったからか、温泉シーンはかなり控え目。そしてまさかのオリキャラ総出演でした。あんだけもったいつけた野武士みたいなやつがあやめにやられるとか、武術というより水使いな兄弟のサメアタックなど彼らに見せ場を用意してやるところにスタッフさんの妙な愛情を感じました。

さらわれイベントはあやめ、主人公を勇気付けるのはいぶき、など相変わらずはっきり役割分担されてるんだなあ。「明日のよいち!」ってハーレムものというより「ヒロイン」という記号を女の子達に分配して擬人化しているような印象です。
Comment : 0
TrackBack : 1

鉄のラインバレル #23

異世界からの侵略を防ぐため手を組んだ加藤機関とJUDA。万全の体制で迎え撃つが相手の戦力は想像以上に強大で、徐々に苦境に立たされることに。

桐山騒動の時も思ったけどこの世界は御しやすくて楽だなあ…。

最後の最後にいいとこを持っていくような形で死ぬと思っていた加藤があっさり退場して拍子抜けしました。どんなやりとりがあったか知りませんが、マサキが味方だと彼は本気で思っていたんだろか…。

皆一つになって争いのない世界にすればいいじゃん、というマサキの問いかけに対し、「そうじゃないほうがかっこいいからだ!」という浩一の台詞。そしてその言葉が仲間たちを勇気付けていく流れは熱かったなあ。なんていうかいい意味で中二病が伝染していく感じが清清しい。損得で考えたら正義の味方なんて全然得じゃないけど、「かっこいい」という理由はそれらの損に勝る価値があるんだという結論はとても浩一らしいと思いました。


広大な宇宙空間で暴れまわるヴァーダントさんを見れただけで満足です。
Comment : 0
TrackBack : 5

黒執事 #22

女王も参加しているパリの万博にやってきたシエルとセバスチャン。シエルはそこで両親の死の真相、そして女王とアッシュたちの目的の一端を知らさせる。

>愛する夫と一つになったら感動のあまりケガレが落ちて老女が可憐な少女になったよ!

どうやって!?
いきなりの超理論に動揺しつつも、爽やかにファントムハイヴ夫妻の死体損壊について語る女王の禍々しさが強調されていたのでそれはそれでいいです。アバーラインやあたたかい人たちの出会いでシエルに生じた迷いをセバスチャンがどう思ったのか。ただ失望しただけなのか、他に思惑があるのかは現段階では判断できませんね。でもシエルが一人で身支度も出来ないボンボンなのはともかくとして、大金見せびらかしてあっさり騙されるとか世間知らずすぎたのは個人的には微妙ですね。そこは得意の狡知で大人を利用しまくって港までたどりついて欲しかった。

相変わらず背景が気合入ってるなあ。この時代のヨーロッパ建築って素晴らしい。
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 黒執事 | Thema : 黒執事 | Genre : アニメ・コミック |

黒執事 #21

久しぶりに何もない1日。シエルは死んだアバーラインに思いを馳せたり、エリザベスと穏やかな時を過ごすのでした。


がしかし!その裏では使用人たちの活躍があったのだ!

というわけで使用人たちの驚愕の背景が明らかに。腕利きの泥棒だのトラップ破りが得意な元軍人だの人体実験のモルモットだのどいつもこいつも経歴が華麗すぎます。最近のアニメや漫画を見ているとメイドは銃の素養がないとなれない職業なんじゃないかと疑いたくなります。

無茶苦茶な話だったんですけど、これ確か2話だか3話で使用人たちがセバスチャンを見返してやろうと頑張るもことごとく失敗に終わりセバスチャンに尻拭いをしてもらう話と対になってるんですね。坊ちゃんのために使用人が頑張るという似た構成の話をすることでほのぼのした初期の雰囲気との違い、そして最終決戦を前にした嵐の前の静けさも示してるのかな。エリザベスとチェスに興じるシエルが可愛かった。
Comment : 0
TrackBack : 1
Category : 黒執事 | Thema : 黒執事 | Genre : アニメ・コミック |

鉄のラインバレル #22

やっぱり森次さんは裏切って無かったよ!実は加藤も味方だったよ!というわけで今までの死闘は全部茶番でしたという驚愕の事実を知らされた浩一たちは戸惑いながらも、いよいよ真の敵との最後の戦いに出撃する!

ヴァーダントの戦闘が見れる!と先週から楽しみにしていました。まるで師匠のように浩一の本気を受け流しては一撃を加える森次さんの心憎い戦い方は見応えがありました。ヴァーダントってどうしてあんなにかっこいいんだろう…。かっこいいといえば今回はやたら作画がよく森次さんがとんでもない美形になってて笑いました。

話のほうは…その、あれですよ。


本筋そっちのけでお色気とラブコメに話数費やした結果がこれだよ!!


桐山編が薄味に改変されていたせいで森次さんは(主に桐山に対して)ただの薄情な人だし、加藤もさんざん自分のいた「想像も個性もない世界」をこきおろしておきながら想像を促すために人の命をなんとも思ってないという矛盾したキャラクターになってたなあ。(加藤の価値観による)合理的な目的のために人の命を平気で犠牲にするって加藤が嫌っていたあっちの世界の考え方そのものだと思うんですけど。どっかのソレスタルなんとかみたいに圧倒的な武力に対抗するために、世界が一致団結するのも大事だと思うんですけど、加藤のテロは結果的に世界の協調を乱しただけだしなあ…。あっちの世界の描写は「地球へ…」思い出して少し懐かしい気持ちになりました。


「本当の暴力を見せてやろう」という森次さんの素敵な決め台詞も、原作の「多数の相手を圧倒的な暴力で蹂躙していくシーン」の前フリだからこそ映えるのに手加減ありきの浩一との戦いでそれを言われても…。

願わくば原作の加藤の目的は違って欲しいなあ。とある少しご都合に見える展開を「はいはいアニメオリジナルね」と軽くとらえていたら、アニメ放送終了後の原作でアニメと同じ展開になった「ぼくらの」のようにはなりませんように…
Comment : 0
TrackBack : 19

宇宙をかける少女 #9

QTの持ち主であったため球界を追放された元四番のイツキの元に、「ほうぼうのチームに勝負を挑み、連戦連勝を続けている謎のQT使いに勝てたら復帰させてやる」という打診がある。彼女は迷いながらも養護施設のために決断するが敵の魔QTには歯が立たず…


え…これに何を言えと?

巻末パラレル漫画を本気出して作ったような出来もアレですが、この作品の(個人的な)問題点を見事に浮き彫りにしてくれた話でもありました。目的意識のあるイツキと秋葉はどちらも魅力的だし、独特の設定説明も不自然でなくすぐ作品世界に入り込めました。つか、ずっと疑問だった「QTって何?」の答えをこんな形で知ることになろうとは(苦笑)。

公式によると秋葉の夢オチだったそうですが、それならそうと本編で言ってください。でも夢だとするとなかなか興味深いですね。こっくりさんや予知夢などがそうですけど、人間は与えられた情報や自身の直感などで様々な真理を察知しているものの自分でそれに気づかず夢などの無意識の世界でそれを悟ったりすることがままあります。だからふざけたように見える野球話には今後の展開を暗示するネタがそれとなく盛り込まれてたりするんでしょうか。というか、そうじゃないとこんなのDVD特典にしとけよコノヤローとしかいえないわけですが。

これだとネルヴァルが反逆した理由はQT能力者の存在だったんだろうか。そしてスタッフさんはどんだけ福山さんに猥語を喋らせたいんですか。「ぼくの金棒」言わせたいだけちゃうんかい。今期の福山さんは「アキカン」といいレオパルドといい、飛ばしてるなあ。
Comment : 0
TrackBack : 6

続・夏目友人帳 #9

フリーマーケットで手に入れた絵を追って、「巳弥」という妖怪が尋ねてきた。その絵には彼女の友人である「八坂様」が宿っており、彼を慰めればいつかその絵から出てきてくれるのだという。彼女の真摯な思いと後悔は夏目にとっても他人事とは思えず手を貸すが、絵には異変が起こっていた。

個人的好みなのですが、桜の出てくる話は色つきで見たい。夏目のアニメでは背景がいつも綺麗なのでこの話はすごく楽しみにしていました。

八坂様はもういないと知りながら後悔のためにその絵に八坂様がいると信じたかった巳弥の切ない気持ちを思っているうちに、夏目もまた大事な人たちに隠し事をし続けていることに思い至る蓮華畑のシーンが印象的でした。塔子さんに問いかけられた夏目の目がアップになってその表情を変える演出がいいなあ。

グラタンが美味そうだ…


以下原作ネタバレにつき伏せます
Comment : 2
TrackBack : 6

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。