スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

PERSONA #14

第二の連続リバース事件のあったその日に、神郷諒は姿を消した。そして半年が過ぎた…

「…後」と一気に時間を勧める手法は、そうすることによって見ている側にその間あったことを推測させ長々と説明する手間を省く意図があるそうですが、今回はそれがうまくはまったなあ。慎が明らかに以前より暗い表情になっていて、洵は兄と一緒のいないシーンが増えて社交性が育ってきたことがわかる。「半年間何も見ていない」というセリフも、兄や映子のことをあれこれ報道する番組を見たくなかったんだろうな、と思うと切ない。


>切迫したマレビトさん
十三話以降、柊製薬から薬の供給は止まったままのようです。慎にコンタクトを取ってまで薬を欲しがるということは、九条は諒にやられて今は動けない状態とか?マレビトたちはいつも淡々としていて何を考えているのかよく分かりませんね。複合ペルソナなんてリスクだらけのものを背負って、薬で何とか制御しながら人を殺して回る彼らは何を信じてそこまで出来るんだろう。双子の片割れの暴走を見て思ったのは、A潜在=心の力がそのまま異形に具現化で、マレビト=ペルソナに大きな異形の鎧をかぶせてその隙間に他者のペルソナを取り込んでいる感じがしました。九条のペルソナが人型→異形へ二段変化したので、マレビトのペルソナはどちらかというと生霊とか霊体というふうに捉えたほうが私はイメージしやすいです。


>警察の皆さん
第二のリバース事件に署長の失踪が重なりついに公にされるかと思った事件が、署長が連続殺人事件を隠蔽疑惑?程度の騒ぎで済んでしまったあたり、「影の存在」というのは本当に強大な力を持っているようです。柊製薬の任意捜査があっさり受け入れられたことからも、隠蔽前提の継続捜査であることは明らかなので現場の伊藤さんたちにはこれ以上手の内ようがない。そこへきて、ペルソナを目の当たりにしてしまった二人がどう行動するんでしょう。


>マンドクセー
人々から気力が奪われているという暗示がそこかしこにあって面白かったです。だるそうな岡持ち、やる気のない首相、諦めの早い高校生球児に、めんどくさそうなファミレス店員。あとめぐみが出来の悪い模試で順位が百番以上上がったというのも、「周りのレベルが落ちた=気力がない」ということですね。こういう伏線のちりばめ方大好き。


>羽と共に兄貴
相変わらず極悪な強さでした。というかあの兄をどう捉えたらいいのかわかりませんね。生死はともかく、マレビトでも慎たちの側でもなく赤い服の女(NOT幼女)の支配下にあるのは間違いなさそうですが…形としては慎たちを守ったんですよね。赤い服の女もまた何を考えているのか分からない存在なので今後に注目かな。そういえば今回で三兄弟と映子姉ちゃんは全員羽を見たことになるんだなあ…羽=死亡フラグは勘弁(涙)
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。