スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

続・夏目友人帳 #10

先生と八朔を取りにいった先で夏目は何物かにオノを投げつけられる。それから程なくして家の前に描かれた謎の落書き。それを境に家に次々と怪異が起こり始める。

妖怪が出てくるけれど決してホラーではないところが夏目友人帳なのですが、怖い話ももちろんあります。これはそのうちの一つで、実は二期で一番楽しみにしていた話でもあります。そしてこのアニメのスタッフさんたちはそんなファンの過度な期待を裏切らない素敵な人たちだと思います。本当にありがとうございます。


>動画で見るといきなり飛んでくる斧が恐ろしすぎる!(笑)

原画にクセのある作家さんがいるとは聞いていましたが本編のカリメのぬるぬるした動きは予想以上に怖かったです。見ている間「こわっ」を何度呟いたことか。夏目を食うシーンなんて唾液や「もっしゃもっしゃ」という擬音まで追加されてて、ニャンコ先生と一緒になって「食ってるしー!」と漫画みたいな怪しいリアクションをしてしまいました。

なんかもう滋さんの夏目への接し方にいちいち泣けてきます。滋さんのそれは名取や塔子さんが夏目を子供扱いするのとはちょっと違うんですよね。子供だけど、何も分からない子供じゃないことを分かっているというか、男同士としてちゃんと尊重してる。(別に名取や塔子さんが夏目を尊重していないという意味ではなく)。そんな素敵な滋さんとレイコさんの出会いもとても印象的でした。自分を怖がらない滋少年を見て「人間じゃないみたい」というレイコさんが寂しいなあ。当時のレイコさんの「人間」に対する認識がどんなものだったかうかがい知れる台詞ですね。夏目もレイコさんも妖が見えるせいで辛い思いを沢山してきて、レイコさんは人間と親しくなるのを諦め、夏目は諦めずに人と関係を結ぼうとした。レイコさんにだってきっと何度もそういうチャンスはあったと思うんですけどね…うまくいかないものです。


>この話で秀逸だと思ったアニメオリジナルについて。

原作では滋さんと帰宅するときにあった「この喜びをいつか返していけるだろうか…」というモノローグが一番最後に、そして「嘘をつくのか、この人たちに」という台詞も原作と微妙に順番を入れ替えてる。
これすごいと思うんですよね。内容を変えないで視聴者に与える印象だけを変えてる。台詞の順番を入れ替えただけで切なさで終わるエピソードを温かさが残るよう成立させている脚本が素晴らしいなと。

いやあ、でもあの部屋の惨状は凄かったなあ。いきなり部屋中のガラスやなんかが内側から吹っ飛んだわけですから、親切なご近所さんなら通報しているレベル。「プロパンガスで遊んでたら静電気が引火してガス爆発した」が一番合理的な言い訳な気がします(笑)


スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。