スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

少年陰陽師 #15&16

#15

行成に呪詛を送っている悪霊の正体が判明し、昌浩は敏次と行成の両方を救うため行成の屋敷へ赴く。一方謎の女はその力で大勢の悪霊を呼び覚まし都を混乱させていた。

彰子と昌浩の新婚さんぶりはもうとどまるところを知りません。
深夜に仕事に出かける旦那さんに干桃のお夜食ですか。かわいい。
しかもその桃がなんかめっさ強いんですけど。塩程度の効果かと思っていたら発光するわ悪霊一掃するわ、何その伝説の宝玉みたいな光。
(桃は触媒にすぎないんでしょうけど)

>謎の女VS晴明と神将ズ
青龍と玄武の生足コンビが戦ってます。そして謎の女風音の強いこと強いこと。神将は人殺しご法度という制約があることを差し引いてもかなりの実力です。というか青龍よわっ。さくっと刺されたくらいで倒れないでください。

>敏次
よくも悪くも自分本位なんでしょうねこの人。
そしてえらく前向き。あの状況から自分が悪霊倒したなんて
よく導き出せたな…。へなちょこの癖に偉そうなところが
ルルーシュとかぶって微笑ましくもあります。


#16

前回神将と晴明相手に善戦した風音でしたが、とんだうっかりさんでしたとさ。悪霊を呼び起こした折余計なものまで起こしてしまってさあ大変。今回で風音は強敵→ドジっ娘刺客になりました。黒幕らしい宗主様は風音のミスを叱責していましたが六合の存在に気付かないあたり風音のこといえないんですよね…。

>敏次
とことん弱いんだなーこの人。
敏次の術をまともに背中に受けた昌浩が一晩寝れば回復ってそれビンタとそう変わらない威力なんじゃ…。敏次は勤勉実直であることが評価されたのかな。昨夜のアリバイを聞かれた昌浩の言い訳をまともに受けてスズメの心配までしちゃう敏次はやっぱりいい人なんだと思います。

>風音と昌浩の因縁
おお、幼き日の危機は彼女の仕業だったのか。つか成功したか確かめなかったのかよ…!いずれ事情は明らかになるのかもしれませんが、今の時点で風音のうっかりさん極まれり。別に昌浩は世間から身を隠して生きていたわけでもないのにな。そして動揺して怒り狂う紅蓮たん。彼の過去には何かしら忌むべきものがあるようですね。


>防人の霊

何この可愛い生き物。


rankiing

スポンサーサイト
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 土曜アニメ | Thema : 少年陰陽師 | Genre : アニメ・コミック |

COMMENT

青龍が
あっさり刺されてましたね?まあ、神将は人を傷つけられないから武器を使えなかったっていうのもあるのですが、大事なことをアニメは描いてないのです。あの風音の太刀は 妖魔や神霊にも通用するよう蠱毒(こどく)と密呪を封じ込めてあり、その毒が傷の回復が早いはずの神将が立ち上がれないほどの殺傷力を持っていたのであんなにあっけなく倒れたのですよ。説明が欲しかったですねえ。
2007/01/24(水) 01:20:02 | URL | ゆう #-[編集]
ゆうさんはじめまして
蠱毒!ものすごく納得しました!
だからわき腹どつかれた位で青龍が倒れたんですね。原作未読で、アニメを毎週楽しみにしているのですが時々構成がおかしい時がありますね、確かに。

とりあえず青龍と玄武には謝っておきます

2007/01/25(木) 22:33:55 | URL | 毛玉 #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。