スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

金色のコルダ #25(終)

泣いても笑ってもこれが最後。
最終セレクションの幕が上がります。

畜生、泣かせやがって…


>最終セレクション
柚木が出戻ってくるのは当然として、森さんが怪我をして庄司さんが伴奏に立候補する展開は流石です。彼女もまた、他の参加者と同じように香穂子を通して自分の音楽と向き合えたんですね。男性キャラ以外の登場人物も香穂子の音楽の影響を受ける、コルダのこういうところが好きです。セレクションの各人の演奏シーンもいつも以上に気合が入っていて、香穂子が彼らのことを振り返る構成はしみじみしました。土浦のピアノがアングルを変えたり手元をアップにしたりして特に丁寧だと感じました。

>香穂子
あ、思い切り「ヴァイオリンに恋してる!」って言っちゃった(笑)
今までのひどい音を聞いていたからこそ感動できるアヴェ・マリアでした。急に上手くなった印象もありますが、集中してあの曲だけ弾いてれば何とかなるんじゃないかな。魔法のヴァイオリンだったころから授業中も運指練習用の道具使って指動かしてたんだし。と、ピアノ弾ける程度の素人が言ってみます。柚木しか眼中になかった親衛隊が聞きほれていたのも印象的でした。

>合奏
まさしくグランドフィナーレ。でも冬海ちゃんが参加できないなんて…!さりげなく土浦と月森が香穂子へのハードルを飛び越えていて笑ってしまった。「カホ」って何だ土浦!「カホコ」って何事だ月森!!

>ギャラリー
今まで出てきたキャラを出せるだけ出していましたね。月森を妨害した三人組、佐々木、サッカー部部長はともかく、土浦のノートを届けてくれた図書委員に、EDでは志水と行ったコンサートで演奏していた人まで。後で見直せばまだいるのかもしれません。陳腐な言い回しですがスタッフさんの作品への愛情を感じました。

>ED
子供達との発表会で「音を楽しむ」香穂子達。これまでのアニメの内容をふまえた見事なまとめっぷりに頭が下がります。のびのびと楽器を弾く様子に涙腺緩みっぱなしでした。

最初から最後まで目の離せない最終回でした。最後の「愛の挨拶」合奏といい突然の名前呼びといい全体的にゲームファンに向けたエンディングムービーという気がしないでもないですがそこはしょうがないんでしょうね。恋愛シュミレーションが原作ということでヒロインがもてまくる話だと安易に考えていましたが、とんでもない。こんな恥ずかしいくらい青春した話になるとは思いませんでした。恋愛も絡めつつ、メインはヒロインの成長、そしてそんなヒロインに影響されて成長していく登場人物たちという作り方は個人的にすごく好みでした。


>以下ちょっとだけ世迷言
DVDにオリジナルエピソードが収録されるそうですね。最後の「また会えるといいね」的なメッセージはそれを指しているのか、それとも二期を指しているのか…。最近発売された「コルダ2」は1の続き、つまりセレクションの後の秋~冬の話らしいので二期も出来なくはないんですよね。新キャラの理事長が学校の改革を企んでたりするみたいでいくらでも波乱はありそうですし。何より柚木が祖母にはっきり反抗の意志を示すエピソードとか、金沢が立ち直るエピソード結局やってないし!恋愛の決着をつけられない、というゲームならではの制約がネックですがそこは上手くやってのけて…ファンは欲深いものですね。(苦笑)多分「もう少しだけ続きが見たいな」程度で終わらせるのが一番いいんでしょうけど、そこはそれ、所詮世迷言ですから。何にせよ本当にいいアニメをありがとうございました。


スポンサーサイト
Comment : 2
TrackBack : 2

COMMENT

はじめまして
わたしも「カホ・・・」には、えぇ!って感じでした(笑)
いつの間にそんな深い仲になったんだ!って思いましたよ。
続編・・・できるなら見たいです♪
漫画のほうが続けば、期待大だと思います^^
2007/03/30(金) 23:46:45 | URL | Madder #vMiJIVCY[編集]
ですよね!
Madderさんはじめまして。
違和感というか、いっそ笑いました。特に月森。
何こじらせたらそんな呼び方するのかと(笑)
2007/04/01(日) 10:55:12 | URL | 毛玉 #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

アニメ「金色のコルダ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):日野香穂子(高木礼子)、月森蓮(谷山紀章)、土浦梁太郎(伊藤健太郎)、志水桂一(福山潤)、火原和樹(森田成一)、柚木梓馬(岸尾大輔)、冬海笙子(佐藤朱)、天
2007/03/28(水) 04:08:57 | アニメレビュー トラックバックセンター
愛の挨拶愛の挨拶(あいのあいさつ、''Salut d'amour'')は1888年にイギリスの作曲家エドワード・エルガー|エルガーが発表した曲。ピアノの生徒だった8歳年上の女性キャロライン・アリス・ロバーツに贈られた曲で、後に2人はアリスの家族の反対を乗り越えて結婚した。.wikil
2007/09/30(日) 00:43:16 | クラッシックの世界

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。