スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

神霊狩 #11

授業中に魂抜けした太郎は亀岩ダムに浮かぶ死体を発見する。中嶋たちと現場に向かうとそこには同じく死体のことを事前に知っていた都と神主、そして信の母親もいたのだった。


>魂抜けサークル

「俺狼になれるぜ」
「僕は2頭身じゃなくなったったい」
「俺もウェポン(略)」


すっかり打ち解けた道男を微笑ましく見守りつつ、彼の前で平気で魂抜けのことを話す三人に吹いた。自重しろ。そして道男を魂抜けに誘うんじゃない(笑)。魂抜けして自己から解放されることでストレス解消になっている部分もあるんだろうけど、それはそれで危険だよなあ…。無邪気な子供達が痛々しいです。いじめっこ達の先輩だった「えーちゃん」は気の毒なようないい気味なような。

>ダムの死体
現時点では誰だか判別つきませんでした。死ぬとしたらもといかあのカメラマンあたりだと思ってたんですが違うみたいですね。でもあのカメラマンも一癖ありそうです。「スズキ」なんていかにも偽名っぽいし。信の母親が誰かと現場に来ていたことは何を意味するんだろう。あまり体調よくないようだし、よっぽどの理由がなければダムくんだりまで野次馬に来ないですよね。信の父親と神主たちの過去話も興味深かったです。どうやら夫婦共に感受性の強い性質だったようだし、父親はあの剖検のトンネルをくぐったことで一種宗教的な体験をしてしまったのかもしれませんね。狭くて暗い道を通って日の下に出るという行為は死と再生を強く感じさせるなあ。太郎と信がそれを追体験したのは、神主の記憶を魂の部分で受信したということなんでしょうか。今までは電磁波が魂抜けの条件のようでしたが、魂抜けを繰り返したことで電磁石のように彼ら自身が送信機であり受信機になりつつあったりして。


>家庭崩壊カウントダウン
息子は学校で問題起こして転校せざるを得なくなるわ、妻はあんな状態だわ、中嶋の父親があんな態度を取ってしまう気持ちも分からなくはないなあ、と思っていた時期が私にもありました。わざと雑誌落としてののぞき行為がもう最低すぎる。前回、いつもは自分の車で玄関のポーチに駐車して帰宅していた中嶋父が道端で車を降りていたので「?」と思っていたら、あの時もおっぱい博士に送ってもらってよろしくやってたわけね…狭い町なんだからもっとこっそりやれよ。息子に見られるなんて最悪だ…


大日本バイオの研究はどういうことなんだろう。ラットに箱をかぶせて見えなくしておいて、脳に直接迷路の映像か迷路を解く行動を命令するプログラムを送信して出口に導く実験?文系なのが嫌になるくらい見当がつかない…orz。痴漢ロボットみたいな動きのタチコマに笑った。


後期はOPに出てくる画が少しずつ出てくるみたいですね。前回は狼に変身する信で、今回はラットと幽世で猫と遭遇する太郎かあ。書きそびれたけど音もすごかったです。憑依された都から太郎のいる学校に場面が映る時の人の声のような音響が心臓に悪い…
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

毛玉

Author:毛玉
<好きな創作物>
・心萌えるアニメ
・心燃える漫画
・心揺さぶる小説
・心を撫でる映画
・心のこもった料理

にほんブログ村 アニメブログへ


最近の記事


FC2ブログランキング

よろしかったらぽちっと

FC2Blog Ranking

地味に便利なプラグだ…


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


おすすめとか

  • 「神霊狩」大プッシュ中。

    「神霊狩 #18」

    WOWOW動画で1話無料放送してます。

    gooアニメで1話無料配信&2話以降有料配信しています

  • 最近のトラックバック


    最近のコメント


    相互リンク


    ブログ内検索


    Copyright © けだめ。 All Rights reserved.
    Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。